[復刻本関連]
歴史散歩道~復刻の足跡~


[第1弾] 江戸深川情緒の研究

著者 深川区史編纂会 (監修・西村眞次、専任編纂・和田清馬)


本書は大正15年(1925)『深川区史』の下巻「江戸深川情調の研究」として刊行されたもので、深川独特の庶民生活が豊富な浮世絵、錦絵などとともに精細につづられ、今は姿を消した水郷風景、屋根船、猪牙(ちょき)舟、岡場所や料理茶屋、辰巳芸者など、入手しがたい…

LinkIcon「江戸深川情緒の研究」の詳しくはコチラから

江戸深川情緒の研究


[第2弾] 味国記を掘り起こす旅

著者 寺尾宗冬


国土が山地と渓谷、河川、海で分断された日本では、四面を取り巻く海から得られる魚介類でさえも、土地土地での調理法におおきな、あるいは微妙な相違がみられる。そういった風土と人間がつくり出したたべものが郷土料理であり、ふるさとの味にほかならない…

LinkIcon「味国記」の詳しくはコチラから
LinkIcon「復刻版・ 味国記」好評発売中! 詳しくはコチラから

味国記